さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

おもうこと

中高年のアイドル綾小路きみまろさんの生き様に感動しました。

6月のある日、夫が「欲しいものがあるんやけど」と新聞広告を持ってきました。 それは「綾小路きみまろ笑撃ライブCD全10巻セット」 //

学校に行きたくないと言う三女の言葉から、自分の状態に気づく。

今日の朝、三女(小1)が目を覚ましたとたん「お休みしたい」と言いました。 //

「最後だとわかっていたなら」後悔しない?

「最後だとわかっていたなら」 これは2007年7月に出版された本です。ノーマ・コーネット・マレックさんの詩を日本語に訳したもの。 10年ほど前にこの本を購入してから、ときどき読んでいます。 そして、読むたびに感じ方が変わってきています。 //

「コード・ブルー」について熱く語る小1三女、一番好きなのは山Pの?!

小学1年生の三女は「コード・ブルー」が大好きです。 でも、リアルタイムで観たのは2017年7月に放送された3rdシーズンだけ。医療ドラマが大好きな三女は「コード・ブルー」にすぐハマりました。 そして、土曜日曜の真昼間にあった1rdシーズンと2rdシーズン…

子どもから学ぶ、幸せを感じるために大切なこと。

小学1年生の三女は今年の夏休みに大好きな「おしりたんてい」の本を7冊手にいれ、至福の時間を過ごしています。 1冊は私が購入したものですが、あとの6冊はおばあちゃんに買ってもらったり、もらったお小遣いで自分で買ったもの。 誕生日などのイベント…

車のナンバーを見て思うこと。

私は毎日車に乗っています。 駅やバス停が近くになく、便数も少ないので車がないと不便なのです。 でも車に乗るのは好きなので苦にはなりません。楽しいこともありますし。 その楽しいこととは。他の車のナンバーを見て、いったいあれは何の語呂合わせだろう…

子どもは親のいろんな背中を見て育つ、そして先生の背中も見ている。

「親の背を見て子は育つ」と言います。 毎日の生活の中で子どもは親からさまざまなことを吸収しています。 親が子どもに対して直接教えることだけでなく、親が周りの人に接している姿や、ものごとに真剣に取り組んでいる姿などを見て、子ども自身が学んでい…

和太鼓の音に身をゆだねて、自分のいのちを感じる。

先日、地元の神社で夏祭りがありました。 私はかなりの出不精を自認していますが、お祭りは好きです。 お祭りの喧騒の中に身を置くのが好きなのです。喧騒の中にいると、逆に自分の中が静かに澄んでくる感覚がやってきます。 それともう1つ楽しみにしている…

すれ違う人にエールを送ると、元気になれます。

11月に開催されるハーフマラソンにエントリーしました。 1週間前から練習を始めています。まずはウォーキングからですが、暑い夏の疲れが溜まっているせいなのか、身体がなまっているのか、とにかくしんどい。 最後の10分ほどは特に。 そこで、夫に教えても…

肌断食を続けるための5つのコツ。

何もつけないという肌断食は、今まで化粧水や美容液をつけていた人にとって、気軽に始められるものではないし、また続けていくのは難しいかもしれません。 肌の状態が落ち着くまでの経過は人それぞれなので、いつまでといった目安がないのも肌断食に踏み切れ…

自分の枠を外すために、あえて嫌なことをやってみる。

自分の好きなことをする、やりたくないことはしない、とよく耳にします。 ストレスを少なくするためには必要なことだと思います。 私もそうありたいと、今まで自分の好きなことしかせず、やりたくないことはやらずに生きてきましたが、なんとなく窮屈な思い…

奥歯を浮かすと身体がゆるみ、肩こり首こりも楽に。

私は1年前、奥歯がズキズキ痛むので歯医者さんに行きました。 奥歯がズキズキするのはそれまでにも何度かありました。でも、しばらくすると治ります。 疲れがたまると親知らずが痛むんだろうという漠然とした知識から、そのままにしていましたが、他の原因…

気功の先生に教えてもらった吐き切るだけで心も身体も軽くなる呼吸法。

私は普段からできるだけ呼吸に意識を向けるようにしています。 それでも、呼吸が浅いなと感じたり、なんだかすっきりしないなと思ったときには、気功の先生に教えてもらった吐くだけの呼吸をします。 この呼吸を2、3回すると、みるみる身体がスッキリ軽く…

夏休み、子ども達の家遊びに学ぶこと。

夏休みもあと2週間になりました。 今年は猛暑のため、お出かけする時以外は家の中で遊ぶ時間が増えています。夏休みで1日中一緒にいる二女(小4)と三女(小1)はケンカも増えてきました。 ケンカして遊んでを繰り返す2人が、毎日どんなことをして遊ん…

家の中にハエが!ハエをたたくのは難しいけど、おびき寄せるのはとても簡単でした。

先日、家の中に一匹のハエが入ってきました。 コバエじゃなくて大きい方のハエです。1㎝くらいの。イエバエというのでしょうか。 ※ハエの画像はありませんので、安心して読んでください。 ハエがブーンと入ってきて、子ども達が「虫や!虫が入ってきた!」…

わが家に福を運んでくれる「白河だるま」の仲間が増えました。

先日、夫が福島県の白河市に出張に行き、お土産に白河だるまを買ってきてくれました。 この白河だるま、三女(小1)が大好きなのです。 あなたのクリックが更新の励みになります♪⇒

わが家の庭の話。庭木のオリーブに生きる力をもらった。雨が降ると出現するワカメ、そして宝探しのあと。

わが家の庭にはオリーブの木を植えています。そのオリーブの木が3年ほど前、枯れたのかなと思うほど、葉が茶色くなり落ちてきました。 でも翌年新芽が出てきたのでひと安心しましたが、なんとなく年々葉の色が薄くなっているように感じます。 先日、庭師で…

ふり返って思った、もしや自分には見る目があるのかもしれない【ジャニーズ編】

昨日、子どものお友達が遊びに来て好きな芸能人の話題で盛り上がっていました。 もちろん私には、どこの誰べえなのか全く分かりません。顔も出てきませんでした。 横でキョトンとしながら話を聞いていた私に「お母さんは小学生のころ誰が好きだったん?」と…

MONGOL800で号泣しました。涙を流すっていいものです。

今日、車に乗ったらMONGOL800が流れていました。 夫がCDを換えたのでしょう。 前回乗ったときにはオムニバスCDが入っていたので。 曲が流れ始めたとたん、なぜか号泣してしまいました。運転しながら号泣です(笑)

フィーリング(だけ)で生きる男子。

私の夫はフィーリング(だけ)で生きています。 フィーリングとは ばくぜんと、また直感的に抱く感情。物事に対する感じ方。気分。感じ。 引用元:大辞林 第三版 夫は私が大昔(と言っても10年ほど前ですが。)に学んだ個性学でも感性優先型だったので、ま…

自分の名前を大切に。

我が家の三女(小1)は長女(中1)を名前で呼びます。「お姉ちゃん」とは言いません。二女(小4)に対しても同様です。 そして二女も長女を「お姉ちゃん」とは呼びません。 それは、私が長女や二女を「お姉ちゃん」とは呼ばないからだと思います。 なぜ、…

主婦の幸せ度は近くにいいスーパーがあるかどうかで決まる。

「主婦の幸せ度は近くにいいスーパーがあるかどうかで決まる」というフレーズが結婚する前から頭にありました。 新聞で見たのか、雑誌で見たのか、はたまた夢で見たのか…まったく覚えていませんが、なぜかずっと心に引っかかっています。 結婚してすぐに入居…

自分の基準で絵本を選ばないことで、世界が広がる。

先日、今までの子育てを振り返ってみました。satidiary.hatenablog.com 気がつけば、絵本が子育ての中心になっていたわけですが、今日は今までどんな風に絵本を選んできたのかについて振り返ってみようと思います。

朝いちばん素手で草抜きのススメ。

私は草抜きが大好きです。 朝、子どもを送り出すために一緒に玄関まで出てチラッと庭を見てしまうと、フラフラと吸い寄せられるように庭に出てしまいます。 今日も子ども達に「行ってらっしゃい」を言ったあと、草抜きを始めてしまいました。

今回の不燃ゴミ収集日に手放したモノ、キモチ。

今日は月に2回ある不燃ゴミの収集日です。 私はいつも不燃ゴミ収集日の数日前から我が家の不要品パトロールを始めます。何度も断捨離をしている割にゴミ袋いっぱい分は見つかるものです。不思議ですね。

自分の住む町を肌で感じるしあわせ。

我が家で所有していた2台の車のうち、パジェロミニが3日の日曜日に廃車となったので、現在稼働中の1台を夫が通勤に使い始めました。 この3月までは保育所の送り迎えや長女のダンスの送り迎えなどで車が必要でしたが、子ども達が全員小学生になり、長女も…

インプットの時期です。

昨日の夕食後のことです。 三女が学校であったことを私に話そうとしているのですが、思い出せない言葉があり二女に「あれ何だったっけ?」と聞いていました。 三女「ほらほら~全校集会のときに体育委員じゃなくて5年生の男の子が何か言いよったやん!」 二…

長い連休が明けると・・・

ゴールデンウィークが終わりました。 子ども達の通う小学校では5月2日が日曜参観の振替休日だったため、5連休となりました。 我が家は出身が地元なので帰省することもなく、ただ長い休みを過ごしたという感じです。 それでもおばあちゃんちに一泊したり、…