さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

三姉妹トークに突っ込みたくなるけど我慢!がまん!

三女が4月に小学生になって、三姉妹共通の話題が増えたことで三人のトークに花が咲くようになりました。

今までは長女と二女が「◯◯先生が・・・」「合唱の◯◯さんが・・・」と話している横から「誰!誰それ?」と質問しまくる三女。

「誰?って、説明しても分からんやろ!」とバッサリ切る長女と二女。

そして、「教えてくれてもええやんか~」と喧嘩が始まります。

でも、「◯◯先生」も「合唱の◯◯さん」も三女の知っている人になったので、「そうそう!」と会話に入ることができてご機嫌の三女。

特に盛り上がる話題が給食です。

長女は中学校ですが、給食は小学校と同じメニューなので、同じものを食べています。

(ときどき、中学校だけのデザートや副菜があるそうです。)

好きなおかずを増やしたとか、美味しくなさそうなので減らしたけど意外に美味しかったのでおかわりしたとか・・・

最近の給食は私の時代とは違い、バラエティに富んでいますので、横で聞いている私も驚きのメニュー満載です。

昨日は三女の面白ろ語録に癒されました。

校長先生の話題になった時「校長先生ねー入学式のとき、後ろがピンと長い服着とったんで!めっちゃ面白かった~」と。

一瞬想像がつきませんでしたが、すかさず長女が「それタキシードゆんで。高い服やで。」と言いました。

なるほど、確かにタキシードは後ろがピンと長いですね・・・1年生には仮装に見えたのでしょうか。

それから、運動会の練習の話になりました。

「せいたかじゅんばんで3番やけんね・・・」と三女。

せいたかじゅんばん・・・?すると二女が「背の順やろ?」とクールに突っ込みます。

「背高順番」か。先生が「背高順番」と言ってたのか気になりましたが、二女が「背の順」と指摘していたので、三女の独語だと思います。

うまいこと言うな~。

いろんなところで横やりを入れたくなるトークですが、3人でおしゃべりしている時はできるだけ横で聞くだけにしています。

その方が盛り上がってる感じがします。子どもは子ども同士、大人の見解は必要ないよね。

お母さんに聞いてほしいときは「お母さん!聞いて~」と言ってくるので、その時は些細な感想も交えながら聞いています。