さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

一般的な症状にとらわれないように気をつけようと思いました。

 2・3日ほど前のことです。三女(小1)が口の中が痛いと言い出しました。

ほっぺたの内側を噛んだと言うのです。

口の中を見ると確かに頬の内側が赤くなっていました。

治るまではしばらく痛いね、とヨシヨシしました。

それから「口の中に水が入ってしみるからプールはしたくない」と言うので昨日の水泳授業はお休みしました。

ご飯を食べるときも痛がります。

「ここが痛い」と口を開けて見せてくれますが、どうも口内炎が増えている感じが・・・うーん、手足口病かなぁと手のひらや足の裏を見ても、湿疹はありません。

そこで、「手足口病」で検索してみると、手のひらや足の裏以外にも肘や膝、お尻にも湿疹が出るということでした。

さっそく三女の身体を見ると・・・ありました!

肘と膝、お尻に赤い湿疹が。

高い熱が出る場合と、熱が出ない場合とあるそうです。

三女は熱は出ていません。

さっそく、今日学校から帰宅後に小児科に行くと「手足口病」と診断されました。

手足口病というと口の中、手のひら、足の裏の湿疹というイメージがあったのですが、今回は勉強になりました。

調べてみないと口内炎が続いていると思いこみ、そのままだったと思います。

検索エンジン様様です笑。

でも、全体を観察する、大切ですね。