さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

『こち亀』が読みたくて。

今日、どうしても『こち亀』が読みたくなりました。正確に言うと数日前から読みたい読みたいと思っていました。

読みたいのに、読めなかったのはなぜかと申しますと・・・

6月3日に我が家で所有していたパジェロミニが廃車になり、現在は普通車1台が稼働している状態です。

稼働している1台は夫が通勤に使っていますが、朝7時半に家を出て私が夢うつつの22時頃に帰ってくるので、私的には実質車のない生活をしています。

我が家の周辺には自転車で行ける距離にスーパーやドラッグストア、銀行、郵便局があるので、お買い物や普通に生活する分にはまったく差支えありません。

でも、数日前から読みたい症候群になってしまった『こち亀』は我が家から7.8キロの図書館にあるのです。

しかも我が家と図書館は標高差が70mくらいあってけっこうな坂道を上っていくことに。お天気もいいし、自転車で行こうかなと思いながらも、いや~坂道か~と大きく心が揺れていました。

でも、やっぱり『こち亀』読みたい!と、家を飛び出しました。

f:id:satidiary:20180613143524j:plain

今日はひさしぶりの快晴で、外はとても気持ちいいです。あ~やっぱり出てきてよかった~と調子よく自転車をとばしていましたが・・・

だんだん、ペダルが重たくなってきました。いつものママチャリではなく、坂道を上るのだからと変速機付きの長女の自転車に乗ってきましたが、肝心の変速機の変え方が分かりません(汗)

おまけに図書館に返却する分の本約30冊を前カゴに入れているので、本の重さが堪えるようになりました。

『こち亀』が読みたくて

ひとり自転車とばしてる

ねえ 車は今どこで何をしてるの?

平成5年に流行った「ポケベルが鳴らなくて」の替え歌を気合い替わりに歌いながらこぎ続けました。

中学生のころから自転車に乗ってるときは歌いたくなります(笑)でも、ハード過ぎてほとんど息切れ。

でも、こぎ続ければ目的地に着きます。約45分ほどかかりました。1時間を想定していたので、上出来です。

図書館の返却口は2階ですが、あまりに膝がプルプルしているのでエレベーターを使いました。30冊の本が超重たい・・・

そして、念願の図書館に入り『こち亀』を見つけたときには来てよかった~と思いました。『こち亀』と『デスノート』(夫が読んでいます。)、小4の二女からリクエストのあった『笑い猫の5分間怪談』を借りました。

帰り道は、坂道を下るのでペダルをこがなくても進みます。

途中、ブレーキが必要なほどスピードが出るような坂道で、よくこんなところ上ってきたなぁと我ながら思いました。

帰り道のテーマソングはなぜか「リフレインが叫んでる」。

家に着くとホッと力が抜けましたが、身体を使った疲労感は心地いいですね。頭からっぽです。