さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

今回の不燃ゴミ収集日に手放したモノ、キモチ。

今日は月に2回ある不燃ゴミの収集日です。

私はいつも不燃ゴミ収集日の数日前から我が家の不要品パトロールを始めます。何度も断捨離をしている割にゴミ袋いっぱい分は見つかるものです。不思議ですね。

 

今回はこんなモノ達が見つかりました。

f:id:satidiary:20180614125931p:plain

赤いネットの中に入っているのはお風呂場用のおもちゃ達です。

お風呂の壁に貼り付けていましたが、先日突然吸盤が外れてガラガラガッシャーンと落ちました。

「お風呂場から音がした!」と二女と三女が走って現場に駆けつけると、空の浴槽の中に赤いネットとおもちゃが散乱していました。

あまりに驚いたのでしょうか、三女が「もうこれいらん・・・お母さん、捨てて。」と。

あと、黄色いヘルメットは三女が使用していたものですが、既にサイズが小さくなっていました。

後生大事に玄関のクローゼットにしまい込んでいたので、気づきませんでした・・・まめにチェックしておかないと、こんな大きな物品も見逃してしまいますね。

また、イノシシとウサギの置物は干支の飾り物です。

その年の干支を飾るといいということで、購入しました。

その頃の私は風水に凝っていてというか頼っていて、玄関に水槽を置いたり、階段下に大きな観葉植物を置いたりしていました。

それは風水さえしていれば大丈夫といった、完全な神頼み、責任転嫁に近いものが根底にあったと今は思います。

風水の大きな力がその前提に向けられて、水槽を置いてもお財布を毎年買い替えても収入がアップしなかったのでしょう。おまけにさらに追い込まれたりもして・・・(汗)

その当時の象徴である干支の置物は手放すことにしました。

モノ頼みではなく、自分で環境を整えることが大切ですね。