さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

朝いちばん素手で草抜きのススメ。

私は草抜きが大好きです。

朝、子どもを送り出すために一緒に玄関まで出てチラッと庭を見てしまうと、フラフラと吸い寄せられるように庭に出てしまいます。

今日も子ども達に「行ってらっしゃい」を言ったあと、草抜きを始めてしまいました。

そして、見たことのない草を発見。

f:id:satidiary:20180618134109p:plain

中央に生えている里芋の葉のような草です。

あじさいも咲きました。

f:id:satidiary:20180618134309p:plain

あじさいは2本植えているのですが、もう1本の方は花が咲いていません。

庭師の従弟によると、あじさいは花が咲いたあと枝を切っておかないと次の年花が咲かないということです。上から2節目のところで切るのだったかな?

この朝の草抜きはほぼ日課になっています。

いつもかがんで草抜きをしているのですが、今日は場所を移動するときに「よいしょ」と地面に手をついて移動しました。

そのとき、地面がとてもあたたかく感じました。

その手の感触になんだかびっくりして、もう一度今度は両手を地面につきました。やっぱりほんのりあたたかい。

反対に日陰に手をつくと、ひんやりと気持ちいいです。

大人になってから直接地面に手をつくなんてことないもんねと思いながら、こんなに地面が気持ちいいものだなんて感動しました。

裸足で歩くともっと気持ちいいかも。

それから片手で地面に手をついて、草を抜いていきました。毎日のようにちょこちょこ抜いているせいか、そんなに草は生えていないので10分くらい抜くと家に入ります。

それでも、エネルギーを充電したように身体が元気になっているのを感じます。

朝起きたたらまず日光を浴びるといいと聞き、窓の近くでウロウロしたりしますが、本当は直に日光を浴びるのが一番いいのかもしれません。

素手で草抜き朝活は私にとっては元気の源かも。

畑仕事も癒しやストレス解消になるといいますが、私は「抜く」のが好きだからなぁ・・・