さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

どこから手をつけたらいいか分からない…散らかった部屋を片づけるコツ。

我が家は何度も断捨離をしているおかげでモノ自体はそんなにありませんが、部屋の中はよく散らかります。

主に子ども達の文房具やパジャマ、着替え、などを出しっぱなし、脱ぎっぱなしで散らかっています。もちろん夫のもあります(半分は夫かも)。

あとはゴミ。鼻をかんだティッシュ、お菓子の包み紙、消しゴムのかす・・・我が家の女子はゴミは捨てるものじゃなく置いておくものと思っているらしく、そこいら中にそのまま放置されています(涙)

f:id:satidiary:20180619104421p:plain

子ども達にも「片づけなよ。」と言うと「どこから片づけたらええか分からん。」と言います。

確かに・・・どこから手をつけていいか分からないですね。

私はこんな時、まずはゴミを拾って、パジャマを元に戻して・・・と考えるのが面倒なので、部屋の端っこから片づけていきます。

ゴミはすぐに捨てたいので、片手にレジ袋を提げてスタンバイOK。

部屋の端っこへ行き、端から順番に落ちているものを拾っていきます。

ゴミはレジ袋へ。その日の気分によってはレジ袋を2つ持って、1つは紙のゴミ、もう1つはリサイクル用のビニールのゴミを入れます。

そして、子ども達の文房具やヘアゴムなどは子ども別の専用カゴに入れていきます。

私はこれを「すぐやる」練習と名づけて、小物を見つけるたびに専用カゴに入れたり、元気なときは大サービスで子どもの筆箱に戻してあげたりします。

この「すぐやる」練習はあっちこっち行って、逆効果なのでは?と感じるかもしれませんが、実はそんなことはないのです。

でもこの作業を淡々とするには、モノの置き場所をきちんと決めておかないと、「あっちこっち行く」+「どこに片づけようか考える時間」が必要なので、確かに逆効果かもしれません。

私は、明らかに子どものモノだけど誰のものかは分からないという時には、とりあえず三女(小1)の専用カゴに入れておきます。

三女が一番みんなの持ち物を把握しているからです(笑)

こうして端っこから片づけていくと確実にきれいになっていくスペースができていくので、やる気にもつながってるかな、と自分では思っています。

エンジンがかかってきて他のところもしようと思うことが多々ありますので。