さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

排水口の掃除、効果がアップする最初の簡単なひと手間とは。

私は、排水口の掃除には酸素系漂白剤を使っています。

掃除の仕方はとても簡単です。そして、さらにひと手間を加えることで、お掃除の効果はアップします。そのひと手間ももちろんとても簡単な方法です。

応援クリック、ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

酸素系漂白剤とは

f:id:satidiary:20180716135229p:plain

酸素系漂白剤とは「過炭酸ナトリウム」のことです。酸素系漂白剤の記述がなくても「過炭酸ナトリウム」とあれば、同じように使えます。

排水口の掃除の手順は

まず、排水口の周りに酸素系漂白剤を振りかけます。

f:id:satidiary:20180716135342p:plain

そして、排水口の周りからコップ1杯~2杯のお湯をゆっくり流します。流れてしまっては意味がないので、排水管に張り付くようにゆっくり流します。

このとき、熱湯ではなく40~50℃の温度がいいそうです。熱湯だと一気に酸素が出て汚れを落とすには効率が悪くなるそう。(汚れを落とす効果がないわけではありません。)

f:id:satidiary:20180716135601p:plain

そして、1時間からひと晩放置しますが、お湯を流してしばらくすると‥

f:id:satidiary:20180716140105p:plain

排水口の中から泡がアワアワ出てくるのです。これを見るのが楽しみで、しばらく張り付いています(笑)

効果アップの簡単なひと手間とは

とても簡単なのですが、この手順にひと手間を加えることでさらに過炭酸ナトリウムの掃除効果をアップさせることができます。

それは、最初に1リットルほどのお湯をながしておくこと。

過炭酸ナトリウムは、溶けるときに酸素を放出することで汚れを落とすそうです。そのため、水よりお湯を使う方が効果的ですが、熱湯だと一気に酸素を放出するので効率が悪いとのこと。
先にお湯を流して排水管を温めておくと、ゆっくり流すことでお湯が冷えてしまったとしても効果が続くというわけです。

このひと手間でアワアワ効果も倍増、そして排水管の奥の方からシュワシュワと音がして、泡が上がってくるのを見ると掃除のスッキリ感も倍増です。

「お母さん、何しよん?」といつも聞かれますがね(笑)