さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

魚焼きグリルはとっても便利。ゆで卵やトーストパンが簡単に作れます。

わが家ではゆで卵を作るとき、お鍋を使いません。

ゆで卵は魚焼きグリルで作っています。とても簡単に作れるのでご紹介しますね。

応援、ありがとうございます⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 魚焼きグリルでゆで卵を作る方法

魚焼きグリルでゆで卵を作るときには、キッチンペーパーアルミホイルを使います。

まず、卵をキッチンペーパーで包み、水で濡らします。

f:id:satidiary:20180803082645p:plain

教えてもらったときには1個ずつ包むように言われたのですが、2個一緒に包んでも上手く作れます。

濡らした卵をアルミホイルで包みます。

f:id:satidiary:20180803082936p:plain

これを魚焼きグリルに入れます。

f:id:satidiary:20180803083053p:plain

お魚を焼くように12分焼きます。わが家のグリルにはタイマーが付いているので、12分セットします。

f:id:satidiary:20180803083241p:plain

12分焼けばできあがりです。

できたてのゆで卵をすぐに冷水に浸すと、殻がはがれやすくなります。

この方法はわが家のガス器具を取り付けてくれたガス施工屋さんに教えていただきました。水を使わないから味が濃いよと言われましたが、雑食の私には味の違いは分かりません。

魚焼きグリルでパンをトーストする方法

魚焼きグリルでパンを焼くこともできます。わが家は、毎朝グリルで直焼きです。

パンを焼く場合には事前に2分ほど予熱します。こうすることで中はふんわり、外はカリッと仕上がるからです。

わが家のグリルには専用のクッキングプレートが付属されているので、それを使っていますが、網のままでもキレイに焼けます。

f:id:satidiary:20180803084153p:plain

食パンをのせて、上火を弱、下火を強で2分焼きます。タイマーにお任せです。

f:id:satidiary:20180803084608p:plain

美味しそうに焼けました。

f:id:satidiary:20180803084747p:plain

この手順でピザグラタンも焼けます。ビザは生地がカリッと仕上がり、とても美味しいです。

魚焼きグリルでパンやグラタンを焼くようになって、トースターを使わなくなったので処分しました。

魚のニオイはつかないのでしょうか

魚焼きグリルは魚を焼くときにも使っているので、魚のニオイはつかないのか気になるところです。

少し調べたところ、グリルで加熱している最中は熱くなった食材の表面から水蒸気が放出しているため、この蒸気の流れにより加熱している間はニオイがつくことはないということです。

確かに、夫は毎朝トーストパンを食べていますが、魚を焼いた次の日でも「魚の味がする」と言ったことはありません。

また、ゆで卵はアルミホイルで包んでいるので、お魚と一緒に焼くこともあります。

ポテトサラダに1個だけという時にも手軽に作れますし、タイマーがついたグリルならほったらしでも大丈夫なので(固ゆでになりますが)ぜひお試しください。