さてろぐ

子どもと過ごす日々を綴っています。

IKEAのキッチンシンク、排水トラップを自分で取りかえようと立ち上がった夫がすぐ座った。

わが家のキッチンにはIKEAのシンクを設置しています。設置して9年、使い心地や感想をこの記事に書きました。 

satidiary.hatenablog.com

あれから、排水栓はどんどん劣化していきました。

あなたのクリックが更新の励みになります♪⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

排水栓の現状

ひと月ほど前はまだマシだった排水栓がとうとうボロボロになってしまいました。

f:id:satidiary:20180809101634p:plain

ひと月前はこうでした↓

f:id:satidiary:20180809101902p:plain

ひと月前は排水口に挿しこむゴムの部分は形になっていましたが、今はバラバラです。仕方ないのでこの挿しこみ部分は処分しました。

でも、この排水栓だけを排水口にかぶせるとただの栓になり、どんどん水が溜まります。

f:id:satidiary:20180809103436p:plain

2、3秒水を出しただけでピンクの線まで(約2cm)水が溜まりました。これでは仕事になりません。

そこで、応急処置としてキーホルダーなどについているリングを、高さを出すために置くことにしました。

f:id:satidiary:20180809103739p:plain

直に置くと流れそうなので、排水栓と一緒に水切りネットに入れて使うことにしました。

f:id:satidiary:20180809103928p:plain

これで少しは排水栓と排水口の間に隙間ができたので、水が流れるようになりました。でも、やっぱり溜まります。

夫が自分で取りかえると立ち上がりました

私が毎日ブーブー言うのがさすがにうるさくなったのか、夫が自分で取りかえると施工屋さんがIKEAで買ってきてくれた排水トラップセットを取り出しました。

f:id:satidiary:20180810134606p:plain

部品を取り出して、説明書を読みます。3ページ目を開いて「これボンドがいるわ。」と言いました。

f:id:satidiary:20180809104550p:plain

家には木工用ボンドしかありません。「ボンドがないとできんわ‥」とションボリしていますが、よく見るとボンドではなく、マジックで印をつけているのではないでしょうか?

それを伝えると「ほんまや。じゃあ、できるかも。」と続きを読み始めました。でも、4ページには糸のこぎりと思われるものが書かれていました。

f:id:satidiary:20180809104947p:plain

糸のこぎりで切断して‥次の絵がよく分かりませんが、何かでこすっているのでしょうか?さすがに糸のこぎりは家にはありません。泣く泣く夫は自分で取りかえるのを断念しました。

説明書を開いて約10分。奮起したのもつかの間のできごとでした。

もう一度よく見ると、最初のページに取り付けに必要なものが書かれています。ドライバー、はさみ、糸のこぎり、メジャー、そして箱に紙を巻いたようなものはいったい何でしょうか?

その下の欄には、分からなかったらIKEAに電話してねと書かれているようです。

f:id:satidiary:20180810083112p:plain

「外国の人はこの説明書で設置するんやけん、すごいわ。」と夫は感心していました。

確かに世界中の人がこの説明書を読むのでしょう。9~10ページにはいろんな国の言語で書かれた説明書きがありました。

f:id:satidiary:20180810083803p:plain

日本語
ご使用開始後は全ての接続部を定期的にチェックし、ゆるみがないことを確認してください。

「説明」と言ってもこれだけですが、この内容が各言語で記載されているものと思われます。

やっぱりプロの方にお願いします

図工が5の夫でも排水トラップの取り付けは難しかったようです。やっぱり施工屋さんにお願いしようと電話をかけていました。

でも、田舎の施工屋さんは安気なんです。来てくれるのはいつのことになるやら‥

案の定「先に部品見ときたいけん、持ってきて言われた」そうです。取りに来い!とは思わないのかな。夫も安気なんだな。